/

この記事は会員限定です

吉本興業が上海文広と提携 米中対立下の交流、政府期待

(更新) [有料会員限定]

吉本興業ホールディングスは中国のメディア大手、上海文広演芸集団(上海市)と提携し、上海市で劇場の運営に乗り出す。コンサートやミュージカル、お笑いライブなどを上演する。文化交流拠点も共同で運営し、日本のコンテンツを幅広く発信する。同社初の現地法人も年内に設置して中国市場の開拓を本格化する。

2021年秋までに上海文広の劇場「蘭心大戯院」に出資し、人員の派遣も検討する。中国本土で常設劇場を運営するのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1149文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン