/

この記事は会員限定です

家庭の生ごみ集めて堆肥に 都市農業がつくる循環経済

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

「顔の見える生産者」という言葉があるが、通常は生産者から消費者に農産物を販売するだけで、その関係は基本的には一方通行だ。それを双方向にすれば、社会と経済の新しい形が見えてくる。そんな取り組みを紹介したい。

東京都三鷹市の住宅街。細い通りを歩きながら、軒先に野菜が並んだ建物に入ると、数メートル歩いたところでもう一度屋外に出た。そこにあったのは、ちょっとした運動場ほどの広さの畑だ。

育てているのは、ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1543文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン