/

この記事は会員限定です

転換期の社会と大学(下) 地方の国公私大、連携を

鬼頭宏 公立大学協会長

[有料会員限定]

人口減少が続く地方の大学のあり方は高等教育政策の焦点の一つだ。公立大学協会の鬼頭宏会長(静岡県立大学長)は国公私立大の連携・統合の推進と公立大改革が必要だと指摘する。

今、世界では新たな文明への転換が始まっている。人口拡大と経済成長を実現させた産業文明は、その代償として資源枯渇の懸念、生態系破壊、地球環境問題、社会の分断をもたらした。

こうした課題を解決するためには、再生可能エネルギーに基礎を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン