/

この記事は会員限定です

会計士協会会長「ESG情報 会計士の『保証』重要」 

IFRS財団の基準作り新組織、支持

[有料会員限定]

会計専門家が基準づくりの団体設立に動くなど、ESG(環境・社会・企業統治)に関わる非財務情報の開示基準を世界で統合する動きが広がっている。ESG情報の開示のあり方はどう変わるのか。手塚正彦・日本公認会計士協会会長は取材に対して「(統合報告書など)企業の情報開示に対する公認会計士による保証の重要性が増す」と強調した。手塚会長の発言の趣旨は以下の通り。

基準統合の動き

ESGに関する非財務情報をグローバルに比較可能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1043文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン