/

この記事は会員限定です

現行政策は妥当、懸念及ばず 超金融緩和と資産バブル

ポール・シェアード ハーバード大学リサーチフェロー

[有料会員限定]
ポイント
○政府債務は景気回復への調整機能の一部
○金融・財政緩和で将来見通しが大幅改善
○経済過熱したら大胆な出口戦略の実施を

西洋版浦島太郎のリップ・ヴァン・ウィンクルが20年の眠りから覚めて世界経済を見渡したら、主要中央銀行のバランスシートに何が起きたのかと驚くだろう。米連邦準備理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行、日銀をはじめ多くの国の中銀が何らかの形で大規模な量的緩和、すなわち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン