/

この記事は会員限定です

[社説]国際慣例に反し理解しがたい慰安婦判決

[有料会員限定]

国家間の信頼関係の土台を揺るがす事態が韓国で再び起きた。ソウル中央地裁が旧日本軍の元従軍慰安婦訴訟で日本政府に損害賠償を命じる判決を出した。国際法上の主権免除の原則に反する理解しがたい判決と言わざるを得ない。

問題は日韓間にとどまらない。国家の行為や財産の扱いは外国の裁判権に服さないのが国際法の原則だからだ。日本政府が「極めて遺憾だ。断じて受け入れることはできない」とし、韓国側に適切な措置を求めた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン