/

この記事は会員限定です

コロナが問う福祉政策(7) ベーシックインカムの可能性

九州大学教授 浦川邦夫

[有料会員限定]

最後にベーシックインカム(BI)について考えます。BIは「職業上の地位、職歴、求職の意思、婚姻上の地位とは無関係に、全ての人々に無条件で支払われる所得」です。

多くの国が社会保険(雇用保険、医療保険、公的年金など)、公的扶助(生活保護制度など)、社会福祉(児童手当、児童扶養手当など)を、所得保障政策やより広い意味での福祉政策の手段として活用しています。これに対しBIは、対象者の所得情報を給付要件と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り626文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン