/

この記事は会員限定です

脱炭素はカーボンプライシングが必要

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

政府は8日の臨時閣議で新型コロナウイルス対策を主眼とした追加経済対策を決めた。同対策には「2050年カーボンニュートラル」の実現を目指した研究・開発支援のための2兆円の基金創設も盛り込まれた。2050年に二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにするため新技術によるイノベーションへの期待が大きいが、カーボンニュートラル実現に必要なのは技術的課題の解決ではないと、気候変動対策の動向に詳しい国際金融情報セン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2149文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン