/

この記事は会員限定です

過去に戻ったミャンマーの今後 T・ポンスディラック氏

タイ・チュラロンコン大学安全保障国際問題研究所長

[有料会員限定]

2月1日のミャンマー国軍によるクーデターは国際社会の不意を突いた。

ミャンマーは2回連続で選挙を成功させた。10年かけて軍事独裁から民主主義に徐々に移行しており、多くの人は民主化の反転や終結はないだろうと考えていた。現在の事態に直面して考えなければいけないのは、ミャンマーの文民と国軍の関係と、それが地域の将来に与える影響だ。

国軍系の連邦団結発展党(USDP)が2020年11月の選挙で大敗した後、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン