/

この記事は会員限定です

宗教と経済の関係に再注目 ウェーバー没後100年

Global Economics Trends 編集委員 前田裕之

[有料会員限定]

Global Economics Trends

世界的な関心を集める経済学の最前線の動きやトピックを紹介します。

2020年は、ドイツの社会学者、マックス・ウェーバーの没後100年に当たる年だった。「宗教改革によるプロテスタンティズムの興隆が、西欧の経済発展をもたらした」と主張するウェーバーの仮説は正しいのか。経済学界では、最先端の計量分析の手法を活用してウェーバーの仮説を検証する研究が活発だ。東京大学の岡崎哲二教授は「宗教が経済にどのような経路...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2780文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン