/

この記事は会員限定です

広がるか有機栽培 十勝の農場、病気に強い小麦作り挑戦

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

環境に調和した農業を実現するため、有機農業を拡大する目標を農林水産省が掲げている。すでに野菜などでは盛んになっているが、もし本格的に広げようと思えば、穀物などでも普及させることが欠かせない。北海道の十勝地方で小麦や大豆の有機栽培に取り組んでいる折笠農場(北海道幕別町)に取材した。

折笠農場は栽培面積が95ヘクタール。そのうち33.5ヘクタールで国が定める有機JAS(日本農林規格)の認証を取得し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1806文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン