/

この記事は会員限定です

認知症、家族信託で備え 介護費や財産活用を柔軟に

[有料会員限定]

高齢者が財産管理を家族らに託す「家族信託」の活用が増えている。認知症の発症で資産が凍結される前に金銭や不動産の管理などを信頼できる人に任せる仕組みだ。利点と注意点を知っておこう。

家族に財産管理・処分を委託

都内の男性会社員Aさん(53)には実家の大阪府で一人暮らしの父(77)と北海道に嫁いだ妹(49)がいる。父はいずれ地元の介護施設に入るつもりで、自宅を売却して介護費をつくる予定だ。ただし認知...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン