/

この記事は会員限定です

知財開示、キリンや明治が先行 統治コード改訂が後押し

[有料会員限定]

2021年6月に改訂されたコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)が上場会社に知的財産の開示を求めてから1年近く。消費財メーカーを中心に積極的な開示でブランド向上を目指す動きが出始めている。ただ実際に業績に結びつける道のりは平たんではない。知財の力を投資家や消費者に訴える試行錯誤が続きそうだ。

知財力、投資家にアピール

「我々が力を入れる『プラズマ乳酸菌』の優位性を知財面から裏付けることは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン