/

この記事は会員限定です

工場レタスを「身軽な設備」で 投資抑制、割安でも利益

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

未来の栽培技術として期待される植物工場。その多くは「工場」という言葉にぴったりの頑丈で大きな建物の中で、温度や湿度などをコントロールして野菜を育てることを目指してきた。そんな常識を覆す施設が、仙台市に登場した。

仙台港から車で数分。工場や倉庫が並ぶ一画に、窓がほとんどない平屋の小さな施設が2月にできた。設置したのは東北電力。運営しているのは、植物工場ベンチャーのプランツラボラトリー(東京・中央)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン