/

この記事は会員限定です

相次ぐ脱炭素目標、実現は? 再生エネ・技術革新必要

[有料会員限定]
菅義偉首相は10月、2050年に日本の温暖化ガス排出を実質ゼロにする目標を掲げたわ。中国と韓国も前後して脱炭素目標を表明したようね。米欧などと合わせ、世界で温暖化防止が実現するのかな。

日常生活にも関係してくる温暖化の問題について、石原英理子さんと河野美香さんが滝順一編集委員に聞いた。

――なぜ各国の脱炭素表明が相次いだのですか。

気候変動が一因とみられる異常気象の頻発などへの危機感が共有されてき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1962文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン