/

この記事は会員限定です

[社説]応用範囲広いはやぶさの技術

[有料会員限定]

地球と火星の間に浮かぶ小惑星「りゅうぐう」で砂を採取し、地球に届ける。小惑星探査機「はやぶさ2」がなし遂げた偉業をたたえたい。日本の優れた姿勢制御やセンサー技術を、今後の宇宙資源開発に戦略的に役立てるべきだ。

はやぶさ2は高性能イオンエンジンや試料採取装置、狙った場所に正確に降りるための制御技術を駆使している。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が民間企業とも協力して磨き上げた技術だ。

りゅうぐうの砂...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン