/

この記事は会員限定です

世界の変化と国際分業(9) 「地産地消」体制は可能か

専修大学准教授 池部亮

[有料会員限定]

国際経済論では生産企業が海外展開する動機の一つに、輸出先市場との貿易摩擦の回避をあげています。中国で売るものは中国で、米国で売るものは米国で作れば、貿易摩擦のリスクを回避できます。

中立的なグローバルサプライチェーン(GSC)を目指すと同時に地産地消化もまた戦略の一つとなるのです。保護主義下にあっては、自由貿易に基づく経済合理性は横に置き、リスクが少ない地産地消の立地戦略が有効となります。

既に自...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り644文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン