/

この記事は会員限定です

世界の変化と国際分業(7) 米中覇権争いの結末

専修大学准教授 池部亮

[有料会員限定]

米中のデカップリング(分断)が世界経済の新たな秩序になれば、世界経済は東西冷戦以来、再び対立の時代に戻ってしまいます。自由貿易の原則によって企業の自由な生産活動が保証され、高い経済合理性の下で完成したグローバルサプライチェーン(GSC)も再編が必要となります。

米国は中国通信大手の華為技術(ファーウェイ)への米国技術の供給を禁じ、同社と取引をする第三国の企業にも制裁をかける措置を発動しました。一方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン