/

この記事は会員限定です

私大のガバナンス強化策 改革会議案は教育の視点欠く

田中愛治・日本私立大学連盟会長(早稲田大学総長)

[有料会員限定]

文部科学省の専門家会議が私立大学の評議員会を最高監督・議決機関に格上げするガバナンス改革案をまとめた。日本私立大学連盟の田中愛治会長(早稲田大学総長)は報告は私大の使命である「学生教育・人材育成」という視点が欠けていると批判する。

私大のガバナンスのあり方に注目が集まっている。私大の意思決定の仕組みは、透明性が高く公正であるべきことは、論をまたない。日本大学や東京医科大学における不正行為をあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン