/

この記事は会員限定です

世界の変化と国際分業(5) 付加価値で見る貿易の実態

専修大学准教授 池部亮

[有料会員限定]

米国のトランプ政権は2018年から段階的に対中制裁関税を発動しました。中国もやり返し、制裁と報復の応酬となりました。

18年の米国の貿易赤字総額に占める対中赤字額のシェアは47%になります。19年には対中シェアは約7ポイント減り、代わりにメキシコ、日本、ドイツ、ベトナムなどのシェアが軒並み上昇しました。これは貿易転換効果によるもので、関税率が不利となる(なりそうな)中国生産品が他国生産によって代替...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り668文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン