/

この記事は会員限定です

台頭する21世紀型石油危機 変貌した市場の揺さぶり

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

欧州のブレント先物が7日に1バレル140ドルに迫った原油相場は、今週に入ると一時100ドルを下回るなど荒っぽい値動きが目立つ。ウクライナ情勢の先行きは見通せず、供給不安に揺さぶられる構図は続く。商品市場の姿や経済環境は1970年代と大きく変わっており、21世紀型の石油危機が世界経済にもたらすリスクに警戒が必要だ。

石油危機に迫る供給ショック

米投資銀行のゴールドマン・サックスは7日に公表したリポ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1902文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン