/

この記事は会員限定です

鉄鋼で見る景気、年後半に需要回復 JFEスチール社長

月曜経済観測

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍から持ち直してきた鉄鋼市況にはウクライナ情勢の緊迫ものしかかり、先行きは不透明感が強い。鉄鋼市場で見る世界経済の動きをJFEスチールの北野嘉久社長に聞いた。

製造業持ち直し

――代表的な熱延コイルのアジア価格は昨年、一時1トン1000ドル台とコロナ禍で急落した2020年の安値の2倍強まで上昇しました。

「鉄鋼市場でコロナ禍の影響が深刻になったのは20年4月だ。需要の消失によっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン