/

この記事は会員限定です

知財活用、経営者が連携 旭化成やキヤノンが推進組織

[有料会員限定]

旭化成キヤノンホンダなど上場企業約30社の経営者らが、特許などの知的財産や無形資産を経営に生かし、中長期の成長を目指す推進組織を立ち上げる。2021年に改訂されたコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)が知財活用を促したことに対応。経営者同士で問題意識や課題を共有し、自社の成長につなげる。

24日に「知財・無形資産 経営者フォーラム」を立ち上げ、オンライン形式で第1回会合を開く。会長に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

企業の競争力の源泉となる知的財産権。技術やブランドなど目に見えない資産を侵害から守る権利で、特許法など複数の法律で特許権・商標権などが定められています。最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません