/

この記事は会員限定です

紀文食品の堤裕社長「世界へ84年目の挑戦」 

ラジオNIKKEIマーケットプレス インタビュー

[有料会員限定]

紀文食品が4月13日、東京証券取引所1部に上場した。創業から80年を超える老舗企業、知名度は高いが、なぜ今、上場を決断したのか。主力商品である水産加工品、練り物の売り上げは新型コロナウイルス禍でどう変わったか。上場後の株主還元策なども合わせて堤裕社長に聞いた。インタビューはラジオNIKKEI「マーケットプレス」と共同で実施した。

ーー新規上場の目的に知名度向上を挙げる経営者は多いですが、御社は知名...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1469文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン