/

この記事は会員限定です

産直サイトでふるさと納税 生産者との交流が強みに

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、食分野で一躍存在感を高めたのが、産地と消費者をつなぐ産直サイトだ。その代表格の一つ、ポケットマルシェ(ポケマル、岩手県花巻市)は、ふるさと納税制度を使って消費者に食材を届けるサービスを始めた。ふるさと納税と産直サイトにとって、それぞれどんな意義があるのかを考えた。

新サービスは、ポケマルに登録している農家や漁業者が出品した食材を、サイトで寄付したふるさと納税の返...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1590文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン