/

この記事は会員限定です

「1人1社」の高校就活慣行 早期離職の温床に

編集委員 水野裕司

[有料会員限定]

会社に入って早い段階で辞めると、仕事に必要なスキル(技能)の習得が遅れがちになる。とりわけ高卒で就職した人に多くみられるケースだ。民間の調査では、就職活動のなかで企業に関する情報をできるだけ集めてキャリア形成への意識を高めておかないと、早期離職につながりやすい実態が浮かび上がった。問題の根にあるのは高校生の主体的な就職活動を妨げている慣行だ。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2034文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン