/

この記事は会員限定です

はやぶさ2と嫦娥5号 日中探査機結ぶ太古の天体 

同じ起源のサンプル持ち帰る?

[有料会員限定]

日本の探査機「はやぶさ2」が6日、小惑星「りゅうぐう」から無事に地球に帰還した。17日には中国の「嫦娥(じょうが)5号」も月からサンプルを持ち帰った。2つの探査機の目的地は遠く離れているが、同じ天体を起源とする物質が含まれる可能性がある。生命が進化したナゾを解明する手がかりにもなり、来年から始まる本格的な調査に注目が集まる。

はやぶさ2のカプセルの中には、真っ黒な小石や砂が入っていた。サンプルの量...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1578文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン