/

この記事は会員限定です

アサヒvs.スーパードライ 微アルコールで「脱マッチョ」

ビール・ゼロが焦点㊤

[有料会員限定]

1都3県では新型コロナウイルスの感染対策で緊急事態宣言が再延長された。感染拡大からおよそ1年。内食志向が強まるなど食生活スタイルは変化し、企業の戦略にも影響を与えている。不振のビール業界では、新たな競争が勃発した。松本清張氏の小説タイトル風に言うならば「ゼロが焦点」だ。

アサヒビールが3月末に発売するのはアルコール度数0.5%の微アルコールビール「ビアリー」。これまでのノンアルコールビールでは味の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン