/

この記事は会員限定です

[社説]米巨大IT企業の事業領域拡大に注視を

[有料会員限定]

米巨大IT(情報技術)企業の2020年10~12月期決算が出そろった。アマゾン・ドット・コムやグーグル持ち株会社のアルファベットなどが相次ぎ最高益を更新した。各社は一段の成長のために事業の幅を広げており、その先行きには注視が必要だ。

アップル、フェイスブック、マイクロソフトを加えた大手5社の10~12月期決算は、新型コロナ禍で家庭や職場でのデジタル活用が進んだことで、全社の売上高と純利益が過去最高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン