/

この記事は会員限定です

無国籍通貨、マネーが選別 金とビットコイン逆相関

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

金とビットコインはどの国のものでもない「無国籍通貨」というくくりで、よく同じ扱いをされる。ただ、昨年からの値動きを見ると金が調整色を強める中でビットコインは高騰が続く。相場の逆相関が鮮明になる背後には、投資対象としての性格や投資家層の違いが浮かび上がる。

ドル建ての金相場は昨年8月に1トロイオンス2000ドルを超す史上最高値を記録した。しかし、その後は調整色を強め、3月には9カ月ぶりに1700ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1097文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン