/

この記事は会員限定です

ロシア「TikTok世代」の乱 反プーチンは希望か幻想か 

編集委員 坂井光

[有料会員限定]

ロシアの何の変哲もない高校の教室。1人の生徒が壁にかけられたプーチン大統領の肖像写真に手を伸ばし外した。新たにかけられたのは反体制指導者ナワリヌイ氏の写真だ。これは同国で広がった動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」での映像だ。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

しばらくすると、同じような行為をする投稿が相次いだ。SNS(交流サイト)上で「ナワリヌイ」「デモ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1377文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン