/

この記事は会員限定です

社会貢献、進む多様化 1億円「個人基金」や遺贈寄付

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

コロナ禍や自然災害が続くなか、困窮する人たちを支援するなどの社会貢献への関心が高まっている。お金の面での社会貢献といえば、寄付が一般的だが、個人で基金を設立したり、遺言で遺産から寄付する「遺贈寄付」という形を取ったりするなど、その手法も多様化してきた。築いた資産の意義ある使い道として寄付の定着が期待されている。

若者支援に個人で基金設立

この秋、一人の男性が若者の「学び」を支援するための基金を設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1601文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン