/

この記事は会員限定です

和風ピクルスで地域を盛り上げたい 豊かな自然アピール

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

地域経済の衰退を防ごうと、各地が特産品の販売に力を入れている。その多くは地域の伝統的な食品を前面に押し出しているが、中にはまったく新しい商品を開発して特色を出そうとする試みもある。そんな例を紹介したい。

町の全域が国立公園に指定され、豊かな自然に囲まれている東京都奥多摩町。この地域を走るJR青梅線の白丸駅から歩いてすぐのところに、食材の加工販売施設「手づくり工房 四季の家」がある。

店内に入ると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1568文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン