/

この記事は会員限定です

[社説]国際機関のポストを日本が占めるには

[有料会員限定]
<訂正> 4日午後7時5分に配信した記事中に、世界知的所有権機関(WIPO)の事務局長が中国出身とあったのは、シンガポール出身の誤りでした。

国連などの国際機関の中枢に日本人を送り込む方策を検討する省庁連絡会議が発足した。国連の専門機関のトップを国別にみると、日本は目下ゼロ。このままでは国際社会での存在感は低下する一方だ。官民を挙げて対策に取り組む体制づくりを急ぎたい。

2月に催した「国際機関幹部ポスト獲得等に戦略的に取り組むための関係省庁連絡会議」の初会合には、国際的なルールづくりと密接にかかわる特許庁など18省庁が参加した。外務省と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り711文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン