/

この記事は会員限定です

アイスなのに鮮度が命 チョコモナカ助ける「天気の功」

[有料会員限定]

2021年のビジネスも本格的にスタートした。新型コロナウイルスは収束するどころか、再び拡大の時期。誰もが不安に陥る。新しいアイデアはすぐに生まれないが、今は既存ブランドの価値をさまざまな角度から磨くときだ。ヒットはその上に生まれる。

例えば天気。20年11月に伊藤忠商事は日本気象協会と業務提携し、不振に苦しむアパレルの在庫圧縮の支援ビジネスに乗り出した。気象とトレンドデータを組み合わせ、売れ残りをできるだけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン