/

この記事は会員限定です

[社説]中国海警法への対処で重要な国際連携

[有料会員限定]

中国が周辺海域で活動する海警局の権限などを定めた海警法を施行した。領海などに入った外国船が命令に従わない場合、武器の使用を認めるとした。沖縄県の尖閣諸島の周辺や南シナ海で不測の事態が起きるリスクがあり、見過ごすことはできない。

習近平体制下で海警局は軍の指揮下にある武装警察に編入された。軍の最高意思決定機関である中央軍事委員会から命令を受ける以上、準軍隊の側面を持つことに日本政府は注意を払うべきだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン