/

この記事は会員限定です

年金繰り下げ、手取りで判断 働き方で増額の恩恵に差 

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

公的年金は原則65歳受給開始だが、1カ月繰り下げるごとに0.7%増額される。現在は最長70歳までで、2022年4月以降は75歳まで選択肢が広がる。額面ベースでは5年繰り下げなら42%、10年なら84%と大幅増だ。その一方で関心が高まっているのが、税や社会保険料を引いた手取りベースでの繰り下げの効果。額面とどれくらい違うのだろうか。

自営業・主婦は恩恵大きく

年金は働き方などで金額が大きく変わる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2568文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン