/

この記事は会員限定です

デジタル時代の競争を考える(3) 競合相手の成長の芽を摘む

長崎大学准教授 井畑陽平

[有料会員限定]

GAFAのようなデジタルプラットフォームが大規模に利用者を集め続けるには、プラットフォームに複数の異なる「利用者グループ(サイド)」を乗せ、できるだけ長く乗り続けてもらう必要があります。

複数の異なるサイドを乗せる難しさは「鶏が先か、卵が先か」の問題に例えられます。手数料などの価格をどのように設定すれば、効率よく利用者を集められるか、ということです。

チューリヒ大学のジャン・シャルル・ロシェ教授ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン