/

この記事は会員限定です

芸術文化は心のビタミン

時流地流

[有料会員限定]

◆昨年12月19日、神戸市の神戸文化ホールで「阪神・淡路大震災25年特別合同演奏会」が開かれた。フォーレの「レクイエム」などを指揮した佐渡裕さんは震災後、兵庫県立芸術文化センターを西宮市に建設する際に芸術監督として爪痕残る周辺を巡った。「建てるのもいいけど、うちは店のローンも残っている」といった言葉を聞き、心が痛んだこともあったという。それでも「音楽は心のビタミン。なるべく身近に、町の広場にあるよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り503文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン