/

この記事は会員限定です

オークションに経済学者の知見を 渡辺安虎氏

東大教授

[有料会員限定]

7月、あるオークションが実施され、電力の小売事業者などが発電事業者に約1兆6千億円を支払うことが決まった。国債の入札などを除けば、1回のオークションで決まる支払金額として、日本では異例の規模の入札である。

このオークションは電力システム改革の一環で新設された「容量市場」が舞台だ。電力市場の競争激化が起きても発電事業者が電源を維持するよう、4年後の発電能力を売買するのが容量市場の役割だ。小売事業者は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン