/

この記事は会員限定です

ミャンマー制裁、「中国依存」強めるジレンマ

編集委員 村山宏

[有料会員限定]

ミャンマー国軍は2月初め、文民政権の事実上のトップだったアウン・サン・スー・チー国家顧問を拘束し、再び軍政を敷いた。バイデン米大統領はすかさずミャンマーへの経済制裁を排除しないとの声明を出した。制裁はかつてミャンマーを中国依存に走らせた過去がある。西側諸国はクーデターを看過できないが、中国への裏口が開いたままでの経済制裁は民主化への圧力にならず、地政学的にも望まぬ結果を招きかねないジレンマを抱える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1764文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン