/

この記事は会員限定です

日銀のETF購入「1%ルール」復活か 株急落時に重点

出口政策とは距離

[有料会員限定]

異次元金融緩和前に戻すのか――。日銀が、19日に決める上場投資信託(ETF)購入方法の修正に関してそんな見方を生む動きに出ている。2月以降、予行演習的に購入を減らしてきたが、午前の株価が原則1%超下落したときに買っていた異次元緩和前と似た手法をとっているのだ。これが定着するなら「官製相場」が多少修正されそうだが、日銀は本格的な出口政策とは距離を置く。

日銀は19日公表予定の「政策点検」を受けて、ETF...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン