/

この記事は会員限定です

日本生命・清水社長に聞く コロナ下の世界経済の行方

[有料会員限定]

世界は新型コロナウイルスの感染拡大と米国の政権交代という先を見通しにくい2つの要素に直面している。機関投資家でもある日本生命保険の清水博社長に世界経済の足取り、金融市場の行く末を展望してもらった。

--米国の政権交代をどう見ていますか。

「バイデン氏が大統領になる場合、注目点は2つある。1つは米社会の分断が進むか落ち着くか。もう1つはバイデン氏がどの程度リーダーシップを発揮できるか。ねじれ状態の米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン