/

この記事は会員限定です

AI規制に漂う「全体主義の亡霊」 自由な研究妨げも

編集委員 玉利伸吾

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

欧米を中心に人工知能(AI)の利用を規制する動きが加速している。とりわけ厳しい制限や罰則などを科す欧州連合(EU)の案には、産業界や研究者などが反発を強めている。だが欧州統合の理念にも関わるため、取り組みは周到で、こうした規制が大勢を占める可能性もある。日本も協議に加わるなど対応を急ぐ必要がある。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

EUの欧州委員会が4月に発表したAIの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン