/

この記事は会員限定です

AI操る「ロボット科学者」 新材料・薬探索に変革

研究開発DX㊦

[有料会員限定]

東京工業大学(東京・目黒)の物質理工学院の一杉太郎教授の研究室では、新規材料開発を担当する「ロボット科学者」が働いている。薄膜材料などを様々な実験条件で自動的に試作・評価する実験装置だ。

試作した材料の評価データをもとに、次はどんな合成条件を試すべきかを計算する人工知能(AI)を備えているところが、この装置の「科学者」たるゆえんだ。無機・固体材料でこうした全自動の探索実験ができる装置は世界で初めて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン