/

この記事は会員限定です

プーチン氏、ベラルーシ流で政権批判封じ込め

編集委員 池田元博

[有料会員限定]

モスクワの裁判所は2日、拘束中の反体制派指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏が過去の事件で受けた執行猶予の判決を実刑に切り替えると決定した。同氏の釈放を求める抗議行動はロシア国内に広がっており、プーチン政権がデモ参加者らを大量に拘束する事態。旧ソ連の隣国ベラルーシさながらの強権的な手法といえる。

神経剤で襲撃されたとみられるナワリヌイ氏は今年1月中旬、療養先のドイツから帰国。直後に身柄を拘束された。政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1416文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン