/

この記事は会員限定です

新型コロナ下での「MMT」考察  前田栄治氏

ちばぎん総合研究所社長 

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍において、世界的に極めて積極的な財政・金融政策がとられている。不可抗力である新型コロナによる経済への大きな打撃を踏まえると、国民生活を支える財政出動と、それを側面支援する金融緩和というポリシーミックスは必要不可欠な対応といえる。

中央銀行の国債買い入れによって、急激な金利上昇を伴うことなく国債発行が可能となっていることを眺め、高水準の政府債務は大きな問題ではないとの見方が増えつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン