/

この記事は会員限定です

マイルドなインフレ視野に コロナ後の財政金融運営

西村清彦・政策研究大学院大学特別教授 土居丈朗・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナ後、低インフレ・低成長の長期化も
○補正予算で真に効果的な総需要喚起図れ
日銀は民間資金の適切配分促す仕組みを

ワクチン接種が進みコロナ禍の早期終結と経済正常化の期待が世界に広がっている。先送りされていた需要の顕在化で、経済活動とインフレのコロナ禍以前への急速な回復が予想されている。だが日本経済はかねて総需要の傾向的低迷から生じる低インフレ、低成長の問題を抱えている。コロナ禍はそれをさらに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン