/

この記事は会員限定です

アバターで国際会議 密なコミュニケーション可能に

科学記者の目 編集委員 吉川和輝

[有料会員限定]

オンラインで開催される国際会議や展示会が増える中、参加者が臨場感を味わったり、アバター(分身)を使って相互のコミュニケーションを深めたりする試みが進んでいる。バーチャルイベントなどで参加者個人の行動の特性やパターンをAI(人工知能)で予測して、参加者へのリコメンド(お勧め)機能を高める試みも。実空間で難しくなった「密なコミュニケーション」をデジタル空間で模索しようとしている。

11月16日から20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1667文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン