/

この記事は会員限定です

米国の対中姿勢、厳しいままか R・マクレガー氏

豪ロウイー研究所シニアフェロー

[有料会員限定]

米国のバイデン米大統領は就任早々、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰、世界保健機関(WHO)脱退取りやめなどに関する大統領令を出した。一方、バイデン政権は中国による新疆ウイグル自治区での弾圧について、「ジェノサイド(民族大量虐殺)にあたる」というトランプ前政権の主張を踏襲したかたちだ。米国務省は、台湾との緊密な関係を維持する意向を鮮明にした。バイデン政権が対中政策で前政権からの継続性を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1518文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン